ランチを食べに唐津まで

久しぶりに西鉄大牟田線を利用します。
天神に出て、筑肥線直通列車で唐津まで行き、ランチを食べて、帰る予定です。
ランチを食べるだけにしては、ちょっとぜいたくなツアー

 乗客のほとんどはスマホに夢中。

ラッシュ・アワーも過ぎて、9時をまわると、電車も余裕で座れます。
車両の横長の対面座席には、40人程の人が座っていました。

1人は睡眠中、新聞や本を読んでいる人が数人。
後は、皆さんスマホを持って一心不乱に何かをしていらっしゃる様子。

時代が変わりました。
私の若い頃は電車といえば、本を読むのが定番だったのに・・・

 JR筑肥線に乗る。

筑肥線は姪浜から唐津方面を結ぶJRですが、
筑肥線を利用するには、天神から姪浜まで地下鉄で行き、姪浜でJR筑肥線に乗り換えるのが普通です。

ところが、なぜか市営地下鉄の天神からでも、姪浜で乗り換え無しで
唐津に行ける快速がありました。市営とJR西日本のコラボです

この電車は、筑前前原駅までは各駅に止まり、そこから快速になります。

地下鉄

この列車の見どころは、車窓から眺める玄界灘の荒々しさに尽きますね。
トンネルを抜けると、突然現れる海の景色、岩に打ちつける大きな波、入江の海の静けさなど、なかなか風情があります。(あいにくの雨にもかかわらず)

車窓

列車が唐津に近づくと右手に虹の松原が見えてきました。
残念ながら、この列車は『虹の松原駅』には止まりません。
スピードを上げて通過するので、写真写りがひどい!

虹の松原

この列車は駅で止まると、降りる人はこのボタンを押して、ドアを開けます。
車内の冷暖房の効きを逃さないようにするためでしょう。
こんなところにも小さなエコロジーがありました。

ボタン

唐津駅の構内や駅前には『唐津くんち』で曳かれる曳山の銅像があります。
この銅像で、唐津における『唐津くんち』の重要性が分かるような気がします。

サンタの像は『松ぼっくり』で作られています。松ぼっくりは『虹の松原』にいくらでも落ちていますからね。

唐津駅

唐津駅

唐津駅

唐津駅

県立近代図書館の1階はギャラリーになっています。とても印象的な建物です。
商店街は、人通りも少なくあまり人通りがありません。それでも、飲食店、カステラ屋さん、松露饅頭、唐津焼のお店などがありました。

図書館

商店街

商店街の中に、メガネ・補聴器やさんを見つけました。
表の看板に『MONDEN』という文字を見つけて、立ち寄りました。

『門田さん』は私が『久留米補聴器センター』でシーメンスの補聴器を購入した際、調整等でお世話になった元シーメンスの社員の方です。

今は独立されて、この店をやっておられます。久しぶりにお会いしましたが、
私のことはあまり覚えてくださらなかったようです。(ガッカリ!)

補聴器

補聴器

昼食は駅の中で・・・

昼食

デザート

帰りはJR唐津線に乗ります。
唐津線は『佐賀平野』を縦断してで佐賀駅まで。
そこから長崎本線で『鳥栖駅』まで。

唐津線

唐津線

鳥栖からは鹿児島本線で久留米までひと駅。
いつも利用する筑後川河川敷のゴルフが見えてきたら、『JR久留米駅』到着です。
ここまでくると『ホッ!』とします。

河川敷

JR久留米駅から西鉄駅までは、約2キロ。
普通はバスでの移動ですが、今回は市の貸し自転車『くるクル』を利用。

自転車

『日吉丸』という焼き鳥屋で夕食を済ますと、あたりは薄暗くなり、
灯りを求めて、散歩しました。
久留米のイルミネーションです。

イルミ

イルミ